フィラデルフィアからの便り

最近、すっかりサボり癖がついちゃった。
気がついたら、もう今年も終わりだね。

Dai_may99_09

ママに届いたフィラデルフィアからのクリスマスプレゼントに
懐かしい写真入りのコースターがあったので、ちょっと紹介するね。

ダウンタウンの遠景。
右側にそびえるツインタワーの裏側あたりに
僕のフィラデルフィアでのお家があったよ。

Img_2106

空から見るフィラデルフィア美術館と
ダウンタウンの中心部シティーホール。

Img_2103

地上に降りて、美術館の前から見るシティーホール。
写真には映っていないけど、
この場所に来るには、ロッキーの階段を登るんだよ。

Img_2105

フィラデルフィアのダウンタウンでは、
あちこちで彫刻やオブジェを見かけるけど
これもその一つ。

Img_2104

来年もよろしくね。

夏限定のポップアップバー

夏なのに、お盆の頃は8月とは思えないほど涼しかったね。
雨ばっかりだし、まるで梅雨みたい。

Dai_may99_06

昨日ぐらいから、やっと夏らしい暑さが戻ってきたよ。

夏らしい暑さと言えば、ママが久々にフィラデルフィアを訪れた時は、今とは大違いで夏真っ盛りの気候。そりゃ、ビールも美味しいよね。

今回、たまには地元で観光っぽいことしようと、お友達とフィラデルフィア造幣局の見学に行ったよ。

アメリカには何箇所か造幣局があってコインを作っている。フィラデルフィアが最初の造幣局。アメリカのコインには作られた造幣局の場所が彫られているのだそうだけど、フィラデルフィアに造幣局ができた時は他の造幣局はなかったので、フィラデルフィア造幣局のコインには場所が彫られていない。

見学でちょっと意外な発見だったのが、造幣局には彫刻家が大勢勤めていること。
確かに説明を聞いていると、コインの柄を作るのに高度な彫刻の技術が必要なことは理解できるのだけど、ママは「目から鱗」みたいにびっくりしてたよ。

ところで、ママたちが造幣局の見学に行った日は、とびきり暑い日。
見学ツアーを終えた途端にビールを求めてランチ。結局、ビールだね。

ランチの後はブラブラとダウンタウンを散策したけど、やっぱり暑いからとドイツビールのバーに駆け込んでたよ。

Img_0260

ところで、久しぶりのフィラデルフィアで、ママがお初にお目にかかったのがポップアップバー。
ダウンタウンの集客力アップのため、夏の間だけ出現するバーだそうだ。

ランチを食べた場所もポップアップバーだったそうだけど、5時にオープンするちょっといい感じのポップアップバーがあるというので、ドイツビールを飲んだ後、またもやブラブラしながら時間を潰してバーに入場。

Img_0262

夏限定でこんな空間があちこちに出現するってやっぱりそれだけ土地に余裕があるのかな。

東京ほど湿気がないので、暑くてもアウトドアで飲むのは気持ちいいらしい。
って言ってるけど、理由はなんでもいいんだよね。

お久しぶりーー!

ごめ〜ん、随分ご無沙汰しちゃった。

Dai_may99_02

決して忘れてたわけじゃないよ。

ママがね、すごーく忙しくて四六時中「仕事、仕事!」って、家中のパソコンを独り占めしてたよ。いくつもあるのだから、1台ぐらい使わせてくれてもいいのに、って思ったけど。なんだか忙しいから同時にいろいろやるんだって。聖徳太子じゃないんだから、少しは自分の実力をわきまえた方がいいって、ずーっと思ってたんだけどね。

そんなママも最近やっと暇になったの。それで、早速フィラデルフィアに行ってきたよ。もちろん、ビール三昧の旅。しばらくぶりのフィラデルフィアでママを出迎えてくれたのは、お友だちと赤い缶のビール。

Img_0403

あれ、ママのお気に入りのイエングリングは黄色い缶じゃなかった?

と思ったら、ご無沙汰している間に缶のデザインが変わっちゃった。
右が、今回お出迎えしてくれた缶。

ところでイエングリングのブリューワリーが、トランプ大統領に寄付金を贈ったんだって。
ママのお友だちのバー仲間ではちょっと物議を醸している。

Img_0244

これがお友だちの馴染みのバー、ダーティー・フランクス。お友だちの家から歩いて数分のご近所バー。

ママが住んでいた頃は、いつもマーケットの中のバーに行っていたのでママにはお初だけど、古くからフィラデルフィアにある。ボブ・ディランがフィラデルフィアに来た時に立ち寄ったバーなんだって。

Img_0245

ここの常連さんたちはトランプ大統領が大嫌い。
「我々の大統領ではない!」という貼紙が、堂々とある。

Img_0246

この店では、店の壁面でモダンアートの展示会を行なっているのだけど、このアーティストさんも相当トランプ大統領が嫌いみたいだね。

Img_0240

バーに行ったらイエングリングをボイコットしているお友だちがいたので、ママ達もお付き合いでボイコット。別のペンシルバニアの地元ビール、ローリングロックを飲んだ。

アメリカに住んでいた時は、このビールにもかなりお世話になっていたの、ちゃんと知ってるよ。軽いけど美味しいビールなんだって。

でもね、ボイコットしているお友だちが帰った途端、イエングリングの生ビールを飲んじゃったのも知ってるよ。

春が来た

春だね。お花見した?

週末に暖かくなって、あっという間に桜が満開になっちゃった。ママのお花見は今度の週末らしいよ。行きつけのバーの仲間と毎年恒例で行う花見、常任宴会幹事のママは「花がもってくれますように!花がなくなっても決行ですー」なんてメール送ってた。

ま、もともとバーから近く、花見客があまりいないのでトイレ待ちがないという理由で、桜が2、3本しかない公園でやるのだから、花はあった方がいいには決まってるけど、あまり関係ないよね。

Dai_may99_01

ところで、フィラデルフィアで住んでいたお家の前には、リッテンハウススクエアという素敵な公園があった。日本と違い桜の木はないけど、お花が綺麗に植えられている。暖かくなると嬉しくなって、みんなが外に出て来るのはここでも一緒。春が来ると公園は大賑わい。

こちらの法律では、柵で囲まれていない場所で酒類を飲むことは禁止されているって話したよね。だから、日本のようにブルーシート敷いて宴会なんていう訳にはいかない。じゃ、みんな公園で何しているのかって?日本の公園と同じようにのんびり散歩したり、お弁当を食べたり。良く見かけるのは、ベンチに座ったり、芝に寝転んだりして読書している人。外で読書している人は、公園だけじゃなくてベランダやお庭でもよく見かける。

そして日本の公園ではあまり見かけないけど、こちらでは必ず目にするのが、芝生の上にバスタオルやビーチマットを敷いて、水着姿で日光浴する人達。ちょっとでもお日様が出ると、すぐに水着で日光浴なんて、やっぱり体感温度が違うのかな。

僕は、ママがお外に出してくれないから、ビニールシートじゃなくて、ビニール袋の中で遊んでいるよ。


チョコチップクッキー

みんな大丈夫?
バレンタインにもらったチョコレートを食べ過ぎて、横に成長しちゃったなんてことないよね?

僕?僕はチョコレートは食べないし、家の中を飛び跳ねて充分に運動しているから大丈夫。

Dai_april99_04

ところで、前回ちょっと話したチョコチップクッキー。ここではお菓子の定番らしいよ。なにしろ種類がある。いろいろなメーカーから発売されているだけじゃなくて、ローファットとか、ノンファットとかバリエーションもたくさん。でも、ローファットだろうが、ノンファットだろうが、日本のものと比べると相当に甘い。あんなに甘くてカロリーは大丈夫なのかなって思っちゃう。


知っていると思うけど、ファットは脂肪のこと。ローファットとか、ノンファットは、「脂肪少なめ」、「脂肪ゼロ」だね。ここでもダイエットへの関心は高い。みんなが気にするのは食べ物に含まれている「ファット」、つまり脂肪分。ローファットや、ノンファットの食品は人気がある。鶏肉は、脂ののったもも肉よりも、脂肪の少ないむね肉の方が好まれて、値段も高い。チキンよりも脂肪が少ないターキーを好む人も多いよ。


でも、ローファットが必ずしも減量に効くとは限らない。いつもの分量でローファットに切り替えれば効果もあるだろうけど、ローファットだからといって、いつもの倍食べちゃう人は多いみたい。ママの知り合いの旦那様も、お腹周りが気になり始めたので、大好きなチョコチップクッキーは半分で我慢していたのに、ローファットのクッキーにしたら一袋食べちゃったらしい。


しかも、こちらのお菓子は日本みたいな個別包装なんてないから、袋あけるとそのままぎっしりクッキーが入っている。日本だったら、個別包装されたクッキーが、更にプラスチックトレーで仕切られたりして、結局10枚ぐらいしか入っていないようなところに、40枚ぐらい詰まっている。いくらローファットだって、そんなに食べちゃだめだよね。そう言えば、ママがいた頃は、あれだけ脂肪分を気にする人達が、カロリー摂取量はほとんど話題にしていなかったよ。


僕はいつだって余計には食べないから、減量なんて関係ないよ。チョコレートが食べられると大変だね。

«チョコレート